Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008GW中部横貫公路 その1

まだ、1週間しか経っていないのに
今晩あたり、ふらりとあの屋台街の雑踏に埋もれて見たくなる。
ハイテクと人情味が共存する不思議な国だ台湾。
羽田から飛ばないかな~

諸々は、さておいて、南投県捕里の町からスタートします。


台中の駅前から台中客運で1時間半、なぜか南投客運のターミナルが終点です。
ケンタッキーの前で自転車を組み立てて準備完了。
出発前に、こちらで腹ごしらえします。切粉麺 大45元
古早麺

台湾中心碑に前で一枚、(0km、450m)
ここから武嶺まで55km、標高差2800mです。アジアの道路の最高地点を目指します。
富士HC、ツールド八ヶ岳は約1300m、その倍以上ですからね。想像を絶します。
中心碑

3km過ぎると2車線から1車線になりだんだん山間に入っていきます。
おお、ここは伊豆か?なぜか箱根温泉が出現。
箱根温泉

15km地点の7-11で一息、台湾の人はみんな気さくに声をかけてきます。
「これから、合歓山に登るんだろう。雨が降りそうだから気を付けてな!」
言葉は通じなくても良く分かります。非常感謝
711最初

トンネルを抜けると遠くに霧社の町が見えてきます。
霧社では、ぜひ寄らなければならない所が有ります。
霧トンネル霧社遠景

霧社 鳥居

霧社は、町と言うより集落と言った規模です。(22km、1173m)
300mほど、飯店や民宿が並んでいます。
霧社 町タロコ看板

天気が怪しいです。温泉は諦めて今日中に出来るだけ登っておきましょう。

とうとうポツポツ、降りだしてきました。清境まで持ってくれよ~
ポツポツから、グオォォ~まで10秒、たまらん目も開けていられない。
茶店に飛び込んで 高山珈琲で一息入れます。
お客さんに道を聞いてみると、日本語ぺらぺら、民宿はいっぱい有るから心配ないね。
霧社 茶店碧湖

大分登って来たぞ。霧社か盧山温泉の町並みかな?
霧社2

木陰で小径車に乗った黒人青年が雨宿りをしています。
UKからだそうです。意外な出会いです。台湾人の同僚と武嶺を目指しているそうです。
彼らとは、服務台でも再会し、明日の健闘を誓い握手で分かれます。

また、雨が酷くなってきました。そろそろ宿を探します。
花園**民宿とか、空中**民宿とか 乙女チックな外観のペンションが並んでいます。
オヤジは気後れしちゃいますね。
紹介された民宿は清境の国民賓館から小道を500m入った所にある。
事外桃源
深山の隠れ家の風情です。服務台の兄ちゃん良いセンスだよ。
民宿1





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://vellumcyo.blog60.fc2.com/tb.php/92-0a4f348e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。