Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4日目 1月3日 前編

山を下って 9号を花蓮に向かいます。
玉里、瑞穂が 花東公路のハイライトですね。
北回帰線付近のお茶園地帯から見る山々の景色が気に入りました。
田植えの頃はもっと緑がきれいでしょうね。


北回帰線
DSCN0888.jpg

写真を取っている間に 自転車が抜かして行きました。
緩い下りを40km/h以上、高ケイデンスで回しています。乗り込んでいる風です。
追いかけて話をして見ます。ピカピカのメリダのMTBですね。
花蓮の病院の検査技師を定年して自転車を始めたそうです。
台湾では、MTBの方が人気が有るようですね。
別れ際に、玉里で買ったばかりの緑茶を別けてくれました。 

まだ、2時間も走ってませんが、瑞穂駅で補給します。
田舎町でも、タクシーの運ちゃんなら 電話、写真と言った日本語は通じます。
DSCN0889.jpg
駅前のファーストフード店です。
これは、今一だったな。具無しミートソース+黒胡椒ぶっ掛け+スパゲッティ
DSCN0893.jpgDSCN0891.jpg


おやつを買いに来た親子連れ。3人乗りは極めて普通です。
DSCN0892.jpg


おばちゃんのスクータは、何故かみんな25km/hキープです。
坂道でちぎれても、その内また、おばちゃんスクータがやってきます。
排ガスを上手く避ければ、是好のペーサです。
DSCN0865.jpg

台湾のコンビニ密度は世界一だそうです。
おにぎりは、日本語だし、ポッキーもそのまま売ってます。
鳳林の7/11で”黒松沙士”に挑戦!ウーン,不味くは無いよ。微妙な味。
修行が足りないッス。     
DSCN0906.jpg


道路は意外なほど綺麗です。
ガラスの破片なんて落ちてません。こうやって掃除してたんですね。
DSCN0871.jpg


花蓮まで後30公里、そろそろ昼飯ポイントを探します。
観光バスが止まっているドライブイン有ります。
メニューが有れば何とかなるかな?
400元!そんな豪華な飯は、要らないよ。
指差し注文で苦戦していると ツアーガイドさんが片言の日本語で助けてくれました。
小ぶりにまとめてもらって150元です。
DSCN0907.jpgDSCN0909.jpg

やっと晴れてきました。後、数時間で花蓮に着いてしまいます。
なんだか、勿体無くて出来るだけゆっくりとペダルを回します。
DSCN0896.jpg


この大きな川を渡るともうすぐです。
DSCN0914.jpg


いよいよ市街地に入ってきました。怖いよ~
DSCN0916.jpg

まだ、お昼過ぎ交通量は少ないですが気が抜けません。
大きな町です。迷ったようです。
中正路を真っ直ぐに行って、中華路と交わって、町の中心部まで来ているようですが
現在位置が分りません。
北の空が怪しい、雨雲がやって来ました。降水確率は 0%のはずなのに、
やばい、早くしないと。雨装備は一切持ってません。
とうとう降りだしてきました。あっと、言う間に ザーザーです。
そばの7/11に駆け込んで、ホテルか旅社を探す事にします。









スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Hi,Taka san,

Nice to meet you!So happy to hear that you like 來吉, like Taiwan. Hope to see you soon!^^

Also found that you've been to 瑞穗 last year. A good place, ah? I also took one picture of 北回歸線 before.
http://www.wretch.cc/blog/vivifang/2894817

By the way, the tea bag of Honey Flavor Black Tea I gave you is from 嘉茗茶園 in 花蓮瑞穗舞鶴台地, I love Taiwan tea very much. The following URL is why I assist them to sell the tea.("方小姐" shown on the lable is me, haha:P). Hope you like it! ^__^
http://www.wretch.cc/blog/vivifang/2900604

【2009/01/03 18:47】URL | 小V #-[ 編集]

来吉民宿よかったよ。

Hi、小V

昨日は山の上でお茶をありがとうございます。
いつも臨場感のある写真で引き付けられますね。
来吉の民宿への道は大変でしたけど、行って本当に良かったです。
日本語世代の人たちとも話す事が出来て貴重な体験が出来ました。
特に、越年のパーティは忘れられませんね。

Thank you for tea on the mountain for yesterday.
You attract me by photograph with the presence.
The road to the 来吉 was really hard, But I went there, and was really good.
It was possible to speak with Japanese generation's people and a valuable
experience.
Especially, the year end party is not forgotten.

【2009/01/05 00:04】URL | taka #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://vellumcyo.blog60.fc2.com/tb.php/75-adabdf3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。