Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3日目 1月2日

今日は、台東駅まで自強号で移動し、安通温泉に向かいます。


南国と思えないひんやりした朝です。
台輪のおばちゃんによると、
「小っさくなるのは、1週間だけ。後は、いつも暑いよ。」
「もう行くの?」「朝ごはん食べたの?」
「マスクあげるよ。持ってきな。」
バイクの連中がしてるやつですね。
それしちゃうと、完全に日本人に見られなくなっちゃうんで、
気持ちだけ頂いておきます。
今度来る事が有ったら、是非ともお土産を渡したいな。

おっと、寝ちゃいました。実は、寝不足です。
台輪大旅社に泊まる際は、一つ注意点があります。
必ず、線路側か、上層階の窓無し部屋を選びましょう。
自分の部屋は、2階の道路側、窓有りの高級仕様ですが外の騒音は筒抜け。
夜中まで車の騒音と、大声で喋るヤツ、ゲロ吐くヤツ、
朝は、AM3時から、「ガッチャーン」金属音が響いて寝てられません。
(きっと、駅前の国光バスがタイヤ交換でもしてたか)

気がつくと、自強号は坊遼駅を過ぎて、山間部に入ってきました。
長いトンネルを抜けて大武駅で海が見えてきます。
楽しみにしていた南廻線だが曇天で光が足りなくてちょっと残念。
ところで、椰子の葉が半端じゃない強風を示しています。
向い風、7~8mと言った所です。これからの行程に不安が過ぎります。

台東駅から、安通温泉までは、9号線で約75kmです。普段なら楽勝の距離だけど、
何せ、異国の地ですから、早めに宿に着きたいもんです。
思ったとおり、真正面の向い風で18km/hが良いところです。
DSCN0819.jpg

台湾の交通事情は良く知られている通りですが、
9号線(花東公路)に関しては、まったく問題有りません。
路肩一車線が広いバイク用専用車線になっていて、かえって日本の道路より走り易いくらいです。
たまに大型車が通っても、2m以上空いているので気になりません。
DSCN0821.jpg

南横公路!ここも興味深々
DSCN0832.jpg

台東からは、鹿野、関山、池上と丘陵地帯を抜けていきます
両側に遠く山並みに囲まれて、長野県の飯山地方千曲川沿いを走っているような感じです。
DSCN0831.jpg

昼飯抜きで池上便當まで、頑張りました。
ちょっと脂っこいけど、具たくさんで満足。70元
微妙に甘い、台湾風味噌汁はフリーです。
DSCN0833.jpg

DSCN0835.jpg

DSCN0837.jpg


後、25公里です。地元の(ガキンチョ)おっと少年達の自転車と前後しながら、チョユー、チョユーの声援を胸に先に進みます。

玉長公路(30号)の分岐です。
これは、9号と海岸公路をつなぐ今年出来たばかりの新しい道です。
地図を読むと、ここから山を5km、+200mのようです。
DSCN0840.jpg


あった、あった、有って良かった。
予想以上に立派なホテルです。
DSCN0861.jpg  DSCN0857.jpg

受付のおねーさん、「英語でどうぞ」と言った割にはさっぱり通じません。
困って、庭掃除の男性を引っ張ってきました。
日本語ぺらぺらです。夕飯の交渉、自転車の置き場も心配してくれて大変助かりました。
日本語を使いたそうだったんでしばし雑談。
いつもは、台北で会社勤めですが、郷里の玉里に里帰り中だそうです。

山の中でなので夕食はホテルで頂きます。
夕食200元です。蒸し鶏、えびの塩ゆで、野菜炒め、金針草?のスープ
あっさり味でうまいっす。
DSCN0847.jpg

風呂は、裸で入る(日本式)の屋内風呂と水着で入る(台湾式)露天風呂というかプールの2通り有ります。
プールの方が本物の温泉ぽいのでそちらに向かいます。
みんな 水泳帽子をきっちりかぶってるんですね。
基本的に、ゆるゆるの台湾で何でここだけ ”きっちり”なのかな?非常に不思議だぞ。

ところで、寒いんです。気温10度以下です。
温泉から出るとダッシュです。
エアコンはもちろん冷房だけ、布団を2枚重ねて調度良いくらいです。










スポンサーサイト

この記事に対するコメント

南廻線と台9線

2日は、鉄道と自転車でとても充実した一日でしたね。

鹿野台地も飛行傘(パラ)が有名なとこですよね!
そして、池上駅前にはたくさんの池上便當屋さんがあって、どの店がいいか迷ったのでは?
おかかの振りかかったもモチモチのご飯もいいですが、疲れた身体には懐かしの沢あんが良かったのでは?

温泉から出るとダッシュ!わかりますね、さらに床(のタイル)も冷たいですしね。
夕食もまずまずですね、自分が以前、来た時は日帰り温泉だったので、温泉に浸かったあと、
お腹が空いて売店で泡麺を買いお湯をもらい、ロビーでいただいた思い出があります。
やはり、宿泊がベストですね。

あと、あの開通して1年も経っていない玉長公路を自転車で走った日本人は絶対!
Takaさんが初めてじゃないですか?
これって快挙ですよ!

さて、翌日は、海線?山線?どちらを選択されたのかな?
花蓮目指して頑張ってください。
それにしても、前日の多納で出会った女性、素敵ですね!



【2008/01/18 01:38】URL | japaboe #-[ 編集]

ちょっと時間を掛かってTakaさんのブログを読みました。
この篇の末に書いた日本語ができる男性は若しかし日本で留学した事があったか。
安通温泉ホテルのオーナーの息子でしたら私の同僚の同級生ですよ。

【2009/01/07 00:01】URL | amykaku #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://vellumcyo.blog60.fc2.com/tb.php/74-80c994f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。