Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月30日 その1

霧台は、魯凱(ルカイ)族 の村です。
台湾には、現在、認識されているだけで 14族の原住民が暮らしています。
それぞれに言語を持っていて当然、中国語や、台湾語も話すので殆どの人はバイリンガル以上と言う事になります。 


ちょっと 調べて見ました。 
平準化された日本人にとっては、不思議な世界です。

阿美(アミ)族     177,462人
泰雅(タイヤル)族    81,626人
排湾(パイワン)族    85,446人
布農(ブノン)族      50,015人
魯凱(ルカイ)族      11,646人
卑南(ブユマ)族      11,308人
鄒(ツッオ)族        6,572人
賽夏(サイシャット)族   5,682人
雅美(ヤミ)族         3506人
邵(サオ)族           648人
噶瑪蘭(グラバン)族     1165人
太魯閣(タロコ)族      24444人
撒奇莱雅(セキザヤ)族    335人

  賽克族は、太魯閣に含まれているのかな。
(数字は、行政院原住民族委員会 97年より)


昨年訪れた多納と同じく、薄い石板を重ねた家が特徴です。
民宿の部屋もこんなに個性的です。どうやって建てたんだろう。
霧台民宿部屋

オーナー夫妻は、中文と魯凱語ですが心配要りません。
ちょっと一緒に来てくれる?と言う事で 2軒隣に連れて行かれて、
おばあさんを通訳に色々と説明を受けます。
おばあさんとは 魯凱語の様ですね。
中文が解らない自分でも明らかに違う言語である事はわかります。

特徴的な建物は霧台小学校の上に集まっています。
民宿もいっぱいありました。
きっと、オーナさんたちが中心になって村の活性付けているんだろう。
霧台 風景
霧台 風景1
霧台 風景2
霧台 風景3
霧台 風景4
霧台 小学校

夕食も朝食も食べ切れません。後、3皿位出てきたし、
他のお客さんは、ポニーテールの怪しいおじさんと 奥さん?(若すぎるぞ。訳有りか??)
片言、英語と日本語でが通じます。
霧台夕食

朝、散歩すると、静まり返って人気がしないんですよね。
おばあさんの話によると、 「若い人は、みんな屏東に家を持っています。」
「ここには、仕事が無いでしょ。」...

ラバオソ 
ラバオソ
アブルガン どういう意味?
アブルガン

オーナさんが、「今日は屏東まで行くから車で送っていくよ。もちろん、お金は要らないよ!」
大変嬉しいんですが 自転車でゆっくり見物したいので丁重にお断りします。

宿代も大幅におまけしてくれました。
途中で、「請、小心」と声を掛けてくれました。誠実感溢れる方でしたね。
霧台民宿前







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://vellumcyo.blog60.fc2.com/tb.php/115-a3e861ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。